June 8 2011
Permalink

My Alternate Tunings

書いてた紙を一瞬紛失して焦ったので、ここにも書いとく。ってだけの個人的メモ。

Baritone: EDGDFBb
ES-135: BADACF
Jazzmaster: AF#CACF
Retro H: CCDGAA
Flying V: AAEEBF#
12 st.: Dd/F#a/C#b/Ef#/F#d#/C#f

参考までに、いや、誰もせえへんと思うけど、「6弦はどこまで下げれるのか」ってのは、C#までは普通、そこからのC/B/Bb/Aあたりがなかなかのスイートスポッツで、ピッキングの強弱でビビリを調整できます。それより下やとビビるしかないです、それが嫌なら7弦ギターの7弦用を張るとか。実使用上の問題は「チューニングの不安定ぶり」こそであって、C#まではレギュラーと変わらんぐらいやけど、それより下をキープするのはなかなかにええペグとナットが載ってないと1曲通せまへん。あとは、弦の張力がかなりランダムなものもあり、ネックがロッドで直せる普通の反り方ではない「グネる」可能性が高いので、基本的に試しでやってみるにしてもボルトオンネックのギターでやろうな。自画自賛やが、BADACFは大発明やと、また今度詳しくご紹介するよ(・∀・)/